会社経営において最も大事にすべきステークホルダーは従業員である

会社経営には3種類の関係者がいます。

1つは従業員、もう1つはお客さん、最後は株主です。

この中で最も大事なのは従業員です。

なぜか?

それは、従業員が全ての源だからです。

良い商品・サービスを提供してお客さんを満足させるには、従業員の力が必要です。

また、株主に還元するためには、お客さんを満足させて儲けを出す必要があります。

これがもし、逆のことをやってしまうと悲惨なことになります。

株主に還元することを優先してお客さんに粗悪な商品を売りつけたり、従業員を酷使してお客さんの満足を優先してしまう、など。

特に、今の日本は人が足りておらず、優秀な人は簡単に転職できますし、自由に仕事を選べます。

こんな時代だからこそ、まずは従業員の満足を最優先に考え、従業員自らがお客さんのために頑張ろうと思える環境作りが大事になります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ