『ザ・プラットフォーム(尾原和啓著書/nhk出版新書)』読了。

ザ・プラットフォーム

『ザ・プラットフォーム』再読。

グーグル、アップル、フェイスブックの巨大プラットフォームを軸に、プラットフォームビジネスがどういったものか、役割など解説されています。

特に良いと思ったのは、単にビジネスを表面的になぞるのではなく、各企業が持つ「共有価値観」を元に分析されている点です。

本書中盤では、プラットフォームが世界に及ぼす影響について考察されています。例えば近年流行っているAirbnbやUber、カーシェア、時計のシェアなど、全てプラットフォーム有りきで成り立っています。

本書終盤では日本型プラットフォームについても触れられており、特に感銘を受けたのは楽天について。

ただ通販で物を買えればいいではなく、ショッピングを楽しむためのプラットフォームを作る。そのためには、消費者以前に出店者の役に立つプラットフォームを作る、その結果、最終的に消費者のためにもなる環境が出来上がると。このBtoBtoCの発想は今後さらに大事になってくると感じました。

#ザプラットフォーム
#尾原和啓
#nhk出版新書
#グーグル
#アップル
#フェイスブック
#楽天
#リクルート
#ウーバー
#airbnb
#プラットフォーム
#マインドフルネス
#3dプリンター
#シェアリングエコノミー
#コミュニケーション消費
#ビジネス書
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ