『人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている(ふろむだ著書/ダイヤモンド社)』読了。

人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている

『人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている』
お勧めの声を多数聞いたので読んでみました。

まず感じた事として、「これだけぶっちゃけた話をよくぞ書いてくれた」という感想です。

『影響力の武器』や『人を動かす』のような書籍でも人間心理や錯覚については一部似たような事が触れられていますが、あれらの本は”読む人は読む”タイプの堅い本であって、本書のように”大衆向け”のデザイン、説明の仕方にてこれだけ正直な内容で出版されていることに勇気と感謝を感じました。

実際の内容としても、人が他人に対し実際の実力以上に評価してしまうことを「錯覚資産」と評し、なぜ人は錯覚するのか、それによってどういう事が起こるのか、イラストを踏まえながら分かりやすく解説されています。

もちろん、周りの評価ばかり気にするのは本末転倒だと思いますが「自分には実力があるはずなのにイマイチ周りから評価されない」と感じる場合は、本書を参考にすることで実力を正しく評価される、または、実力以上に評価されるようになると思いました。

#人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっている
#ふろむだ
#分裂勘違い君劇場
#伝説のブログ
#ダイヤモンド社
#錯覚資産
#ハロー効果
#認知バイアス
#少数の法則
#思考の錯覚
#認知的不協和
#利用可能性ヒューリスティック
#感情ヒューリスティック
#読書
#読書記録
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ