『会社の運命を変える究極の資金繰り(菅原由一著書/幻冬社)』読了。

会社の運命を変える究極の資金繰り

『会社の運命を変える究極の資金繰り』読みました。

私自身、個人事業から法人化して1年が経とうとしており、ただがむしゃらに稼ぐだけでなく、健全な資金繰りを学びたいと思い読んでみましたが、とても参考になりました。

黒字倒産という言葉も聞くように、ただ売上が増えれば会社はうまくいくのではなく、キャッシュフローの流れが大事だと改めて感じました。

そのためには、入金は出来るだけ早く、支払いはできるだけ遅く、手元資金が常に余裕のある状態を維持することがポイントだな、と。

また本書では、銀行借入のノウハウから補助金・助成金取得の方法等の資金調達について。それから、稼いだあとの節税方法についても、すぐに実践できるものから長く続けて効果の出るものまで、税理士の視点からまとめられていて参考になります。

これから起業を考えている方はもちろん、起業して間もない方、資金繰りについての全体像を学ばれたい方にオススメです。

#会社の運命を変える究極の資金繰り
#菅原由一
#幻冬社
#資金繰り
#節税
#節税対策
#銀行融資
#補助金
#助成金
#スタートアップ
#粗利
#粗利率
#キャッシュフロー
#キャッシュフロー経営
#決算書
#減価償却
#小規模企業共済
#経営セーフティ共済
#起業
#経営
#法人化
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ