『amazon世界最先端の戦略がわかる(成毛眞著書/ダイヤモンド社)』読了。

amazon世界最先端の戦略がわかる

『amazon世界最先端の戦略がわかる』読みました。

先日GAFAを読みましたが、こちらはアマゾンに特化して書かれているので、アマゾンのビジネスモデル、戦略を学ぶのに最適です。

まず読んでみて最初に感じたこと、純粋に「こんなに色んなことやってたんだ」と。

創業時は書籍のネット販売から始まったのもあって、いまだにネット通販会社だと思っている方も多い印象ですが、実は儲けの大部分はAWSで、通販事業のアマゾン含めその他の事業は儲けより先にプラットホーム作りと顧客獲得を優先している。

アマゾンの凄い所は、大量の試行の中から良いものを残し、いけると思った時は桁外れな資金力で一気に環境を作ってしまい、自社で成果の出た技術やシステムを世の中に共有して、ライバルでさえも使いたくなるように巻き込んでしまうこと。

それでいて各事業は独立して円滑に進んでいる点も凄い。過去に栄えた企業の歴史を見ていると、行き過ぎた多角化で会社がうまく回らなくなり衰退してるケースも多いですが、アマゾンはうまく回ってる。その確信的な理由は分かりませんが、会社の軸となる明確なビジョンのもと、事業ごとに完全な決裁権が持たされていたりするのかな、と思いました。

それに加えて、資金繰りについても非常に考えられていて、入金が先、支払いが後の流れがしっかり出来ている。そのキャッシュフローのおかげで手元資金が常に潤沢な状態を維持できて、色んな試行にもお金を注ぎ込めるのだなと感じました。

#amazon世界最先端の戦略がわかる
#成毛眞
#ダイヤモンド社
#アマゾン
#amazon
#マーケットプレイス
#fba
#アマゾンプライム
#アマゾンゴー
#aws
#アマゾンフレッシュ
#アマゾンファッション
#アマゾンペイ
#アマゾンレンディング
#ドローン
#ai
#自動運転
#キャッシュフロー経営
#ccc
#スケールメリット
#ラストワンマイル
#プラットホーム
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ