『極上の孤独(下重暁子著書/幻冬社新書)』読了。

極上の孤独

『極上の孤独』読みました。

孤独とは寂しいものではなく、自分を成長させたり、楽しい時間なんだと思わせる一冊です。 「孤独」=「寂しい」と思われがちですが、誰かと一緒に居る時というのは、少なからず相手を意識した思考や行動になるものです。

でも、1人の時間では自分の考えに集中できるので、自分を見つめ直すことができる。

私自身も誰かと一緒に居ることを好むタイプではありますが、1人でゆっくりする時間も大事だなとしみじみ感じました。

#極上の孤独
#下重暁子
#幻冬社新書
#ひとりのじかん
#1人の時間
#孤独
#孤独感
#孤独を楽しむ
#孤独な夜
#孤独論
#自由な時間
#マイペース
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ