『私の財産告白(本多静六著書/実業之日本社)』読了。

私の財産告白

『私の財産告白』読みました。

正直、耳の痛くなる話を淡々と聞いているようなイメージの本です。

でも、とても役に立つ。なんといっても、一部の人だけに当てはまるような突飛な方法論ではなく、どんな人であってもやろうと思えばできる再現性の高い内容である点がポイント。

毎月の収入は4分の1を貯金に回す
貯金が貯まったら固い投資で資産を増やす
好景気時代には勤倹貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を

などなど、実に現実的な内容です。

それ故に、「すぐに楽して儲けたい」と考える人にはつまらなく映るだろうし、「確実に資産形成したい」と考える人には身の引き締まる思いがする本なのだろうな、と感じました。

稼いだお金以上に使わなければお金が残るのは当たり前の話であるし、それは方法論というよりはむしろ、実行力の問題だなとも思いました。

その他、お金との接し方であったり、逆に、作った財産をどう処分するかなど、お金との向き合い方を考えさせられる本でした。

#私の財産告白
#本多静六
#実業之日本社
#貯金
#財産
#投資
#寄附金
#岡本史郎
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ