『悪魔とのおしゃべり(さとうみつろう著書/サンマーク出版)』読了。

悪魔とのおしゃべり

『悪魔とのおしゃべり』読みました。

なんだか不思議な感覚。理解できた部分と理解し切れていない部分があり、何度か読んでみたいと思える本でした。

悪魔と人間の会話調で話が進んでいくのでとても読みやすく、500ページ以上ある割にはすぐ読み終わりました。

人は誰しも人生の中で絶対的な「正しい教え」があって、その枠組みのせいで自ら苦しんでいる、とか、 「○○が欲しい」という願い方では、それを欲しがっている現実しか現れない、とか、

不足を追いかけるのではなく充足を感じることで願望が叶った状態を感じ、それが現実となる、など、

一般的に出回っている話(誤解)と本質の違いを知ることが出来ました。

世の中には「○○する方法」や「××の法則」などの自己啓発本がよく出回りますが、上辺だけをなぞるよりこの本を読むほうがよっぽど参考になります。

#悪魔とのおしゃべり
#さとうみつろう
#サンマーク出版
#人間スーツ
#人生
#願望
#自己啓発
#マトリックス
#宇宙
#体験
#虚像
#彦坂の読書日記

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ