『人生を変える80対20の法則(リチャードコッチ著書/cccメディアハウス)』読了。

人生を変える80対20の法則

『人生を変える80対20の法則』読みました。

仕事でも日常生活でも、結構無駄が多かったり、成果に繋がらない努力にばかり力を注いじゃうことって多いと思います。

本書に書いてある「成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」という主張には凄く共感できました。

成果に繋がっている行動というのは、実は少なかったりします。それをしっかり分析して、成果に繋がりやすい行動に集中すれば、今までと同じ労力で成果は増える、または、今までよりも少ない努力で成果を増やすことも出来ます。

自分にとって何が無駄で、何が効果的か、見つめ直すのにとても参考になる本です。

ただし、注意しなければいけない点として、無駄を削ることと行き過ぎた合理主義は違うということが挙げられます。

例えば、散歩や運動は直接お金を生み出すわけではありません。ですが、身体を動かすことで頭が冴えて良いアイデアが浮かんだり、健康になれます。その結果、仕事においても良いアウトプットに繋がる可能性があります。

家族や友達といる時間もそうです。ただ一緒にいても何か生まれるわけではないですが、話したり触れ合うことで幸せを感じて、「もっと頑張ろう」というモチベーションに繋がります。

たくさん努力しているのにイマイチ成果に繋がっていないという方には、特におススメの本です。

#80対20の法則
#リチャードコッチ
#cccメディアハウス

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ