情報発信をする意味

先日、知人より情報発信する意味について聞かれました。

「なぜ情報発信は大事なのですか?」と。

情報発信って、正直面倒なときもあるし、ノウハウ的な内容だと真似される可能性もあるし、誹謗・中傷されて嫌な思いをする可能性もあります。

それでも、デメリットやリスクを上回るメリットがあるんですよね。

例えば、情報発信することで、以下の効果が得られます。

  • 自分の中の知識が整理される
  • その道の専門家として認識される
  • 集客につながる
  • 新しい人脈が生まれる

まずなんといっても、自分の中での情報の整理は誰も否定できないメリットでしょう。

情報はインプットしただけでは使い物にならず、アウトプットする、活用することでようやく身につきます。

そのためには、人に話したりブログやSNSで情報発信することが大事です。

それから、分野を絞って情報発信することで、その道の専門家としてブランド力が上がっていきます。

その結果、仕事につながることも多いです。

どんなに良い技術や知識を持っていたとしても、認知されなければ意味がありません。

情報発信することで認知が広まる可能性があります。

最後は意外と思われるかもしれませんが、情報発信は人脈形成にもつながります。

ある分野に精通していると、それを必要とする人から興味を持ってもらうことができ、友達になる、お客さんになる、ビジネスパートナーになるなど、何らかの関係性が作れる可能性があります。

かくいう私も、ブログやSNSで発信していたことで広がった繋がりも多く、1つの出会いがのちのち大きな結果になったこともあります。

このように、情報発信にはたくさんのメリットがあります。

とはいうものの、いきなり本名顔出しでYouTubeやってみろとか、Twitterで1日30回ずつ呟けとか、最初から大きなハードルを用意する必要はありません。

自分の中で少しハードルを感じる程度のアクションからスタートし、徐々に発信の頻度や質を上げていければいいのです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ